Rainyの記事の書き方 木の幹に葉をつけていこう!

なんかあれですね、このブログの名前すごくおしゃれですよね。ブラウザの一番上のタイトルが出る場所を見てください。テラオシャレww

と、いうわけで、今回はなんとなく私の中で、ウェブサイトの記事の書き方のノウハウ的なものが固まってきたので、公開しちゃおうと思います。

誰も見ないことを祈ってな。

 

検索者が知りたいことを教える記事をかくこと【最重要】

あなたが誰かに質問をします。その場合、あなたは相手が何をしてくれたら喜ぶでしょうか。

おそらく、質問に対しての、的確でわかりやすく正しい回答をしてくれたら、大喜びをすると思います。

つまり、こういうことです。良い記事とは、検索エンジンからキーワードで調べてやってきた人が持っている質問や疑問に対して、的確でわかりやすく正しい回答をしっかりと含んでいる記事のことです。

こういう記事を書くためには、まず検索者が知りたいであろうことを推測しなければなりません。これが一番大切な作業であり、難しいものでもあります。よくよく考えるしか無いでしょう。考えている時間は結構楽しいですし、だんだん上手くなってくると思います。

 

的確な答えをいろんなところから集めてくる

検索者が知りたいであろうことを推測したら、次は早速その答えを用意します。とはいっても、すでにあなたがその答えを知っているとは限りません。というか、知っている場合のほうが少ないでしょう。ですから、その答えをあなたが検索者の代わりに調べて、用意します。

調べる媒体はなんだって構いません。インターネットでもいいですし、書籍でも構いません。ただし、コピーはいけません。

要点をしぼり、オリジナルに肉付けしていく

答えを調べて用意したら、最後は実際に文字にして、記事を書くだけです。記事を書く際は、書く前にどのような構成にするかある程度考えておくとよいでしょう。ちなみにおすすめのやりかたとしては、まず調べてきた答えの要点をいくつかに絞り、それを説明や補足をするように肉付けを指定区分を書きます。

例えばこの記事でしたら、私は要点を「1記事には検索者の知りたいことを書く 2的確な答えを集める 3要点を絞り肉付けして記事を書く」ノ3つに絞りました。その要点を軸として記事を書き進め、その要点を補足したり、説明したりするための例などで肉付けを行い、文章にボリュームをもたせます。

木の幹が要点ならば、それを肉付けする説明文や補足分などは葉になるでしょう。