健康って病気じゃないから健康なのではない気持ちが大切である

私は10年前と2年前大きな手術をし筋力をかなり失いました。
筋力を失う事で女性としてのシンボルをも失ってしまったので、2度目の手術はかなり堪えました。
どうしようもない気持ち、受け入れがたい身体、自身の身に降りかかる出来事が全て憎くなり私自身の存在価値をも否定したくなるような日々が手術後待っていました。


生きているだけで幸せなのに、命あるだけでありがたいのに。
そんな事をも分からなくなって気持ちがすさんでいくのが分かり気持ちのコントロールも出来なくなっていました。
そうなると気持ち以外に心身面にも色んな症状が出てきます、年齢的なものもあり更年期症状が出て、更に心が落ちていってしまったのです。
こんな事を続けてはまた新たな病が出てくるかもしれないと思い立った時、私はある事を始めますがそれが今のイキイキした日々を過ごす元気の源となっているのです。
それは写真ブログです。
花やしずく景色や野鳥様々なカテゴリーを併設し、みなさんの写真に刺激されながら今まで撮る事のなかった被写体にも挑戦する意欲が出て来て、最近では多少の不調時にでも外に出て少しでも撮影していると、なぜか不調が消えているのが分かるのです、気持ちに余裕が出てきたのでしょうね。
病は気からと言いますがこれは本当だと自身の体験から思いました。